ろくの備忘録

ORAS初期まではシングル専門 最近はだいたいトリプル

カテゴリ: PT紹介

今まで使用した主な構築まとめ

シングル
XY
シーズン1:マフォクシースタン (最高2012) ※旧ブログ
シーズン3:メガノオーガブ  (最高2141) ※旧ブログ
シーズン5:磁石ライコウスタン (最高2191・第4回関西シングルFESTA準優勝) ※旧ブログ
シーズン6:ラティハッサム (最高2106) 

ORAS 
シーズン7:ランドサザンハッサム (最高2030)

トリプル
ORAS
シーズン10:サルサナサザン(最高1650ほど) 
シーズン11:トノルンパサーナイト(最高1800) 
シーズン12:サルサナリメイク(最高1881・最終5位) 

 

以前の記事で言っていたサルサナサザンのリメイクをS12で使用し、ある程度納得できる結果を残せたので記事にしたいと思います。


メガサーナイト
ゴウカザルサザンドラギルガルド霊獣ランドロスウォッシュロトム
何とメンツは全く同じ。(狙った訳ではなく結果的に同じになってしまった。)

ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
サーナイトハイパーボイスサイコショック挑発守るトレースサーナイトナイト
ゴウカザルインファイトオーバーヒート岩雪崩猫騙し猛火気合の襷
サザンドラ悪の波動大地の力追い風守る浮遊黒い眼鏡
ギルガルドシャドーボールアイアンヘッドキングシールドワイドガードバトルスイッチ命の珠
霊獣ランドロス地震岩雪崩馬鹿力蜻蛉返り威嚇拘りスカーフ
水ロトムハイドロポンプ10万ボルト光の壁守る浮遊食べ残し


手持ちサーナイト手持ちメガサーナイト
控えめHbcにS少し

トリプルのメガサナは封印型がメジャーだが、バレルへの打点が足りないこととワイガを破る手段がないことからエスパー技を積んだ。
キネシスでなくショックの理由はシーズン序盤に多かった瞑想ニンフへの打点になることと、バレルはキネシスでも確定を取れないため。
残りは安定の守ると申し訳程度のトリル対策に挑発。純粋にエースとして十分な働きをしてくれた。

手持ちゴウカザル
無邪気acS

サナの相方の猫騙し枠としてダブルでは比較的メジャーな猿。
ガルーラより早い猫というだけで使用感は良く、ガルドに対して威嚇の影響を受けないオバヒで打点を取れるのも強い。
インファオバヒ猫までを確定として残り一枠はファスガやフェイントが多いが、リザYに対してあまり余裕のある構築ではないため岩雪崩を採用。
リザYやアローが猿からの打点が無い前提で動いてくることが多いため非常に強力だった。

手持ちサザンドラ
控えめhbcs

このPT唯一のS操作役なこともあり、耐久に厚くしたサザンを採用した。
ただ流石600属というべきか、Cにあまり割いていないにも関わらずサナの苦手な相手の排除には十分な火力。
始めはラムで使用していたのだが悪の波動の火力が絶妙に足りないことが多く、黒い眼鏡にしてから格段に使用感が良くなった。

手持ちギルガルド
おっとりCS

安定のギルガルド枠。
PT全体でフェアリー耐性が1の上に瞑想ニンフへの打点が少ないため珠両刀のアイヘ採用。
特に言うことも無く強かったが、珠シャドボは耐え調整されてることも多いので少しCを削ってAに回しても良かったかもしれない。

手持ちランドロス霊獣
意地AbS

安定の威嚇枠。
他に高速ポケモンがいないため、対ドーブル等を考慮しスカーフで採用。
こいつ以外に浮いてるポケモンを2匹PTに採用しているため地震が撃ちやすく、単純に全体技としても強力だった。

手持ちロトム水
臆病HcS

対晴れパ・雨パ・特殊トリパの駒。
相手のカメ・ドランよりも早く動きたいため臆病。弱いポケモンの弱い型なのは百も承知だが、仮想敵の上から動くことと残飯+守るで何とかカバーしている。
終盤晴れの切れたリザYやドラン・ランド等を詰めて勝った試合も多く構成・配分は間違っていないと思う。
ハイドロポンプはどうしても必要な場面以外では撃たないので外しが負けに直結した試合は無かった。


シーズンの途中から使用したのでこのPTの正確な戦績はわかりませんがだいたい50勝15敗ほど、最高・最終レートは1881で最終5位という成績を残すことができました。
シーズン10になってからトリプルを始めた身としては自分で考えたPTで結果を残すことができ非常に満足です。来期はスペレをやるつもりですがこれからもトリプルは続けるのでよろしくお願いします。


シーズン12トリプルレート最終5位


一度1800にのったがそこから1600中盤まで落ち限界を感じたので簡潔に公開。
前回の記事の頃よりは少し成長したと思われる。

 ニョロトノルンパッパメガサーナイトゲンガーファイアロー霊獣ランドロス


手持ちニョロトノ
ニョロトノ@オボン
控えめHC
【熱湯/冷B/守る/滅び】
手持ちルンパッパ
ルンパッパ@バコウ
控えめCS
【熱湯/エナボ/猫/雨乞い】
手持ちメガサーナイト
サーナイト@ナイト
控えめHbc
【ハイボ/守る/封印/トリル】
手持ちゲンガー
ゲンガー@襷
臆病CS
【シャドボ/ヘド爆/鬼火/挑発】
手持ちファイアロー
ファイアロー@嘴
意地HA
【ブレバ/フレドラ/追い風/挑発】
手持ちランドロス霊獣
ランドロス@チョッキ
意地AbS
【地震/雪崩/馬鹿力/蜻蛉】


カメスタンには互角、リザスタンにはルンパの雨乞いのおかげで勝てたものの、
上手い人のガルーラスタンにダメージレースで競り負ける展開が多すぎて解散。


おまけ

トリレ6位

一瞬の栄光


トリプル初心者が初めて自力で組んだ構築。
ド素人でも1650を超えて1600は安定したので案外上手く組めたのかもしれないが
限界を感じたのでメモ兼ねて簡単に公開。 

 ゴウカザルメガサーナイトサザンドラギルガルド霊獣ランドロスウォッシュロトム


手持ちゴウカザル
ゴウカザル@襷 無邪気AS
【インファ/オバヒ/猫/ファスガ】

手持ちメガサーナイト
サーナイト@ナイト 控えめHBcs
【ハイボ/守る/封印/トリル】

手持ちサザンドラ
サザンドラ@眼鏡 控えめhBCs
【流星/悪波/大地/熱風】

手持ちギルガルド
ギルガルド@ラム 控えめCS
【シャドボ/ラスカ/ワイガ/キンシ】

手持ちランドロス霊獣
霊獣ランドロス@チョッキ 意地hAs
【地震/雪崩/馬鹿力/蜻蛉】

手持ちロトム水
水ロトム@スカーフ 臆病CS
【ハイポン/10万/ボルチェン/トリック】

ダブルでよく聞くサルサナを参考に組んでみたがサナ+サル+サザンの範囲は驚異的だった。
チョッキランドとスカーフミトムは読まれにくく、ランド拘り読みした相手やミトムより遅い相手
(意地スカランド等)を何度も狩れたがスカーフドーブルの処理が不安定なのが辛い。
追い風ガルーラ軸とドーブル入りトリパが辛くて解散したがガシガシ殴れて楽しい構築だったので
もう少しトリプルが上手くなったらリメイクするかもしれない。
(追記:この構築のリメイク完成しました!→【トリプル】サルサナリメイク【S12最終5位】


先日大阪で行われた第5回関西シングルFESTAに参加させて頂きました。
結果は予選8-3でブロック内同率2位だったのですが直接対決結果により3位で予選落ちという
ふるわないものだったため、簡潔に構築を紹介したいと思います。

マンダヒートムナット

メガボーマンダ
ボーマンダ@ナイト 威嚇
無邪気ASベース
【捨て身/文字/地震/流星】

オーソドックスな両刀マンダで構築のエース。
こいつで何回殴れるかが勝利に直結する。


メガサーナイト
サーナイト@ナイト トレース
控えめHSベース
【ハイボ/ショック/アンコ/身代わり】

一般的な技構成のサナからめざパを切ってアンコを入れた形。
ドランは突破不能になるが、ナット辺りに身代わりで
補助技透かし→アンコの流れが決まるとほぼ勝てる。
オフではナットとクレッフィにアンコを決めることができた。


ヒートロトム
ヒートロトム@眼鏡 浮遊
控えめhCsベース
【オバヒ/ボルチェン/10万/トリック】

マンダで辛い電気やサナが苦手な鋼に繰り出して
負担をかけたりボルチェンで降臨補助する枠。
間違いなく活躍してくれてるのだが種族値が足りない。



ナットレイ
ナットレイ@残飯 鉄トゲ
腕白HBベース
【タネガン/宿木/叩き/電磁波】

ガルーラ削ったり宿木電磁波で後続補助したり。
おまけ程度だがナットミラーで相手がねむカゴとかでなければ
敵の残飯を叩く→タネガン連打で勝てる。
非接触って素晴らしい。


ローブシン
ローブシン@チョッキ 根性
意地HAベース
【ドレパン/マッパ/冷パン/叩き】

普通のチョッキブシン。
言うまでもなく対面構築環境に刺さってるのだが根性決め打ちで相手のヤチェガブが
悠々と剣舞してきた時は5世代からの凋落を感じざるを得なかった。


スイクン
スイクン@ゴツメ プレッシャー
図太いHBベース
【熱湯/吠える/眠る/寝言】

よくいるねむねごゴツメスイクン。
マンダの威嚇と合わせてガルーラやドランに投げる枠。
この型は初めて使ったのだが思ったより使いやすかった。



今回の記事は以上です。
見てくださった方ありがとうございました。
今度構築記事を書く時はもっといい結果を残せるよう頑張ります。


このページのトップヘ